1. ルール
    1. 構成
      *150:兵卒駒。6色あり、各勢力の人口を示します。
      *6:大駒。6色あり、各勢力のVPを記録するために使用します。
      *33:茶駒。ゲーム開始時の原住民と、帝国の補強を示します。
      *45:帝国衰退マーカー。衰退する帝国を示すために使用します。
      *52:文明カウンタ。各文明の個性を示します。
      *1:布袋。カウンタを収納します。
      *1:ゲーム盤。
      *2:ルールシート。
      *1:本書
    2. ゲームの目的
      VINCIの目的は最大のVPを獲得して勝利することです。多くの帝国領土を抱えるほど、多くのVPが得られます。各帝国にはその文明に応じた数の兵卒を有します。兵卒は領土の獲得を可能とします。領土を征服するには、地形や防御側の状態に応じた兵卒が必要です。ターンの終わりに、プレイヤーはどれだけのVPが獲得できたかを計算したうえで、兵卒を帝国領内に再配置します。兵卒は自らの支配を示すと同時に、他の帝国からの侵入を防ぐために使われます。すなわち、発展と拡張を通してプレイヤーはVPを得られますが、拡張するほどより若い帝国に対するべき兵卒は手薄になります。プレイヤーが現在の帝国が脆弱すぎて十分なVPを維持できないと見込んだ場合には、プレイヤーはその帝国を衰退させることもできます。その場合、プレイヤーは新たな帝国を建てるべく文明を受け取れます。衰退した帝国の領土も、そこが新たな帝国により侵略されない限りは、引き続きプレイヤーにVPを与え続けます。プレイヤーの誰かが勝利に必要なVPを獲得できるまでターンは繰り返されます。必要なVP量はプレイヤーの人数によります。
    3. ゲーム開始(Beginning the Game)
      各プレイヤーは(茶色以外の)色を選び、その色の大駒をゲーム盤外周のVP10の所に置きます。茶色の兵卒駒を、ゲーム盤上の山(灰色)領地と海(暗青)をのぞくすべての領地に1個ずつ配置します。これらは現在衰退しつつある帝国を示し、兵卒は防衛のみを行います。
      すべての文明カウンタを袋の中に見えない状態で入れてかき混ぜます。
      すべてのプレイヤーが開始時の文明を選んだら、ゲームは開始します。
    4. 文明の選択(Choosing a Civilization)
      12個の文明カウンタをランダムに引き、2個ずつを盤上の文明メニュー欄に置きます。これらはゲーム中にプレイヤーが選べる6つの異なる文明のタイプを示します。第1プレイヤーをランダムに決定し、2番目以降のプレイヤーは時計回りに回ります。第1プレイヤーは次の方法で文明を選択します。
      プレイヤーは1(左端)の文明は自由に取れます。スキップして2番目以降の文明を取ることもできますが、その場合2番目であれば2VP、3番目であれば4VP…を払わねばなりません。VP支払いには盤上の大駒を動かします。プレイヤーが文明を選んだら、そのプレイヤーは該当する文明の2枚の文明カウンタを取り、さらにスキップした文明に対して兵卒駒を1個ずつ置きます。
      例えば4番目の文明を選んだプレイヤーは、文明メニューの1・2・3番目にそれぞれ1個ずつ兵卒駒を置きます。兵卒駒を置いたら、プレイヤーは自分が文明カウンタを取ったことによるメニューの空欄を、文明カウンタを左に1個ずつシフトさせるさせることで埋めます。最後に右端(6番目)の文明メニューの空欄に、新たに2個の文明カウンタを取って配置します。これで再度12個の文明カウンタが文明メニュー上に並び、さらに兵卒駒も並んでいるかもしれません。その状態で次のプレイヤーの番になります。次のプレイヤーも同様の方法で文明の選択を行いますが、前のプレイヤーが置いた兵卒駒を含む文明カウンタを選択した場合には、そのプレイヤーは兵卒駒1個につき2VPを得ることができます。これには盤上の大駒を動かします。

      注意:
      文明メニュー上の兵卒駒の色は重要ではありません。兵卒駒は単に、その文明を選んだプレイヤーがいくらのVPを受け取るべきかを示しているだけです。もしゲーム中に特定の色の兵卒駒が不足したら、プレイヤーは文明メニュー上の兵卒駒を取って別の色の兵卒駒に換えることができます。5人以下でプレイする場合には、使わない色の兵卒駒を使用することをお勧めします。
      プレイヤーは文明カウンタ2個を受け取ったら、文明カウンタの右下にある赤い数字分の兵卒駒を受け取り、さらにプレイヤーの人数に応じて、全員が次の数の兵卒駒を受け取ります。3人-8個、4人-6個、5人-4個、6人-3個。

      プレイヤー全員が最初の文明を選択した後でも、文明メニュー上にある12個の文明カウンタと、その上にある兵卒駒は後で(帝国の衰退時に)使うためそのままの状態にしておきます。文明カウンタの個々の効果は後ほど説明します。すぐゲームを始めたいならば、すべてのカウンタの説明ではなく盤上に出ているカウンタの説明だけに目を通しておくと良いでしょう。
    5. 文明の到来(Bringing a Civilization into the Game)
      文明は、ゲーム盤外周にある領地から入ることによってのみ興ります。文明はその帝国を、隣接する領地を侵略することによってのみ伸びます。最初に選ぶことのできる領地は、ゲーム盤外周に接している領地か、外周から海1エリアのみ離れている領地のみです。
      (例:Scotland,Irelandは可、France,Northern Italyは不可)
      プレイヤーは、その兵卒駒を、最初に入った領地から征服するために使用しなければなりません。すべてのプレイヤーが全員の帝国の特徴を知ることができるよう、文明カウンタはその帝国の開始時の領土、ないし同一帝国の他の領土に配しておかねばなりません。
    6. 海(Sea Zones)
      海(濃青エリア)は駒を置いて支配することはできません。海は通行のためだけに使用するエリアであり、かつ最初の帝国領土を配置するための1エリア分の移動を除けば、天文学を有する帝国にしか移動に使うことはできません。他の帝国は海に入れません。
    7. 領土(Province)
      領土には5種類あります。農地(黄色)、通常(茶色)、森(濃緑)、放牧地(明緑)、山(灰色)です。
      それらに加えて、浅瀬(明青)や港(錨アイコン)や鉱山(つるはしアイコン)を持つ領土もあります。これらは領土獲得で得られるVPや、戦闘の優劣や、その他文明などに影響します。
    8. 帝国の拡張(Expansion of an Empire)
      新たな帝国が登場した際に、それを操るプレイヤーは征服に用いるすべての兵卒駒を手にします(ただし文明により別途得られる場合にはこの限りではありません)。各ターンの頭に、プレイヤーは各領土を維持するために最低1個の兵卒駒を各領土に残さねばなりません。それが行えたならば、残りの兵卒駒を拡張に使用できます。これらは新たな領土への侵略という形を取るでしょう。
      従って帝国が拡張するにつれ使える兵卒駒は減っていきます。プレイヤーは望むならば任意個数の領土を空にすることもできます。この場合、その領土はもはや帝国の一部ではなく、VPを計算する際の対象にはなりません。
      文明は、自分の帝国のいずれかの領土が隣接しているならば、どの領土に対しても拡張を行えます。それには単純に盤上の兵卒駒を移動させるだけです。征服には最低2個の兵卒駒が必要です。森や山の場合にはさらに1個が必要です。さらに他の勢力の兵卒駒が存在している場合には、1個につき1兵卒駒が必要です。また山から攻撃を行う場合には、必要な数が1減ります。
      さらに文明による修正が加えられます。
      修正の結果ゼロ個で征服が可能になった場合には、プレイヤーはその領土をただで空にすることができます。ターン終了時の再配置フェイズにそのプレイヤーは、兵卒駒1個を置きます(再配置フェイズを参照)。
      征服される都度、防御側プレイヤーは兵卒駒1個を失います。攻撃側は兵卒駒を失いません。その領土にさらに兵卒駒があった場合には、プレイヤーはその領土の兵卒駒を戦闘ターン終了時にただちに同じ帝国の他の領土に移動させねばなりません。移動させるべき領土がなかった場合には、「領土なしの帝国」の項目に従います。
      プレイヤーは必要な兵卒駒を持つならば、好きなだけ複数の領土の征服を行えます。その場合、いま征服したばかりの領土からただちに征服の手を伸ばすことができます。
      (例)省略。
    9. 領土なしの帝国(A Noo-Province Empire)
      領土をすべて失ってしまったプレイヤーは、次のターンに、前のターンで失われた帝国の文明の兵卒駒を用いてゲームに入ります。しかしながら、プレイヤーは前のターンで失われた帝国を「衰退」扱いにすることもできます。衰退を宣言したならば、そのプレイヤーはそのプレイヤーに属する、過去に衰退させた帝国(衰退の項を参照、後述)すべての兵卒駒を盤上から取り除かなければなりません。プレイヤーは盤上に兵卒駒のない状態からゲームを再開し、新たな文明を通常通りに興します。
      プレイヤーは領土を持たないまま帝国を維持することを選ぶこともできます。この場合、兵卒が0-1個の場合は盤上に「入る」ことすらそもそもできませんが、その0-1個の状態のまま盤の外に好きなだけ居続けることも可能です。すでに盤上で広大な「衰退」した帝国による領土を持ち、かつ残りターンが少ない場合には敢えてそうしたがることがあるかもしれません。
    10. 兵卒駒の上限(Pawn Limit)
      プレイヤーが帝国(現在のもの、衰退したもの)に使える兵卒駒は25個の制限を持つわけではありません。通常は25個で事足りるでしょうが、もし不足したならば使わない色の駒で代用することができます。
    11. 帝国の結束(Cohesion of an Empire)
      プレイヤーのターン終了時に、プレイヤーの帝国は連続した領土を持っていなければなりません。各領土は隣接している必要があります。隣接していない領土からは兵卒駒を除去します。
      この規則は、そのプレイヤーのターン終了時にのみ適用されます。すなわち、他のプレイヤーのターンによりあるプレイヤーの帝国領土が分断されても、結束は次のそのプレイヤーのターンまで維持されます。プレイヤーは次のターンに分断された双方の兵卒駒で領土を奪還すべく普通に行動を起こせます。しかしプレイヤーが再奪還が不可能であると判断した場合には、プレイヤーは次の自分のターン頭に隣接していない領土を空にしてその兵卒駒を新たな他の侵略のために使用することができます。結束ルールは衰退した帝国には適用されません。衰退した帝国は、単に盤上の異なる地域に点在したまま残ります。
    12. 帝国の再組織(Reorganization of an Empire)
      征服を終えたならば、そのプレイヤーは自由にすべての任意の領土内に兵卒駒を再配置して、防御に充てることができます。
      注:領土を維持するには、最低1個の兵卒駒を置いておかなければなりません。
    13. 勝利ポイント(The Victory Point)
      各プレイヤーのターン終了時に、プレイヤーはVPを得ます。支配している山以外の領土ひとつにつき1VPを得ます。その分だけゲーム盤のVPトラックを進めます。
      注:文明カウンタによりより多くのVPが得られるかもしれません。
    14. 帝国の衰退(The Decline of an Empire)
      自分のターンの頭に、プレイヤーは現在の自分の帝国を放棄して「衰退」を宣言することができます。
      プレイヤーがすでに衰退した帝国を持っている場合には、まずそれを除去します。
      現在の帝国は「衰退した帝国」になります。
      プレイヤーは、さらにその次のターンに新たな帝国を興すことができます。衰退の手順は次の通りです。
      最初に、プレイヤーは一度にひとつの衰退した帝国しか持つことはできません。2個目の帝国を衰退させる場合には、最初の衰退させた帝国のすべての兵卒駒と衰退マーカーは取り除きます。
      2番目に、プレイヤーは衰退させる現在の帝国のすべての領土に衰退マーカーを置きます。兵卒駒は取り除くか、1個置くことができます。
      3番目に、プレイヤーは衰退させる現在の帝国の文明マーカーを、「衰退により失われない」と特記がない限りは盤上から取り除きます。取り除かれない文明は「壊れた柱」アイコンで示されています。
      4番目に、プレイヤーは新しい文明を盤上の「文明メニュー」から選びます(文明の選択、と同じ方法で)。プレイヤーがこの新たな文明をゲーム盤上に投入するには、次のターンの開始を待たねばなりません。
      5番目に、プレイヤーがVPの計算を行ったならば、そのプレイヤーのそのターンの行動は終了です。
      衰退した帝国はもはや拡張することはできません。それは他の帝国の侵略を待つのみです。しかしながら、征服されない限りはその帝国は盤上に居座りつづけ、VPを稼ぎ続けてもらうことができます。
      衰退した帝国はもはや「結束」ルールには従いません。その領土は、征服されるまではそのプレイヤーのものとして維持されます。
      同一プレイヤーの現在の帝国と衰退する帝国の領土は決して隣接していてはなりません。そうなってしまった場合には、衰退した帝国の兵卒駒はすべてゲーム盤上から除去せねばなりません。
      プレイヤーが帝国を衰退させたターンも、さらに続くターン同様にプレイヤーは衰退した帝国からのVPを受け取れます。
      衰退させた現在の帝国の文明カウンタは、過去に衰退した帝国同様に通常VPには加算されません。
      注:攻撃を受けた場合に、現在の帝国がすべての兵卒駒を失っていることがあり得ます。この場合、プレイヤーは「領土なしの帝国」オプションにより現在の帝国を継続するか、ただちに衰退させることを選べます。衰退を選んだ場合、次の文明を受け取るまでのこの1ターンは丸々何もできないでしょう。すでに衰退した帝国を持っていた場合は、その兵卒駒もすべて除去してVPも獲得できないことになります。
    15. ゲーム終了(The End of Game)
      ゲームはプレイヤーの誰かが所定のVPを獲得した際に終了を迎えます。
      5〜6人ならば100ポイント、
      4人ならば120ポイント、
      3人ならば150ポイントです。
      誰かが所定のポイントに達したら、そのラウンドでゲームは終了しまだプレイを行っていない残りのプレイヤーは自分のターンを実行します。全員がプレイを終了したうえで、最も多くのVPを持つプレイヤーが勝利します。


  1. 文明カウンタ
    文明カウンタは文明を表現するためのものです。文明カウンタにより得られる修正はすべて累積します。しかしながら、征服のためのコストがゼロより小さくなることはありません。ゼロを下回る場合はゼロとして扱います。
    黄色カウンタは、その黄丸の黒字に相当するVPを修正します。農業・酪農・鉱山技術・港湾技術は、特定の領土に追加のVPをもたらします。奴隷制度や通貨もそれぞれの方法でVPをもたらします。
    ピンク色カウンタは、その青四角の白数字に相当する分だけ、領土の征服または防衛を修正します。これらの文明を有すればそれだけ拡張や防衛が有利になるでしょう。
    青色カウンタはさまざまな効果を及ぼします。
    農業・酪農・鉱山技術・港湾技術のカウンタのうち「壊れた柱」アイコンのあるものは、帝国が衰退しても残ります。そうでないものは残りません。
    1. 農業(Agliculture)
      農地(黄色)領土のVPを+1します。帝国の衰退とともに残るものも廃れるものもあります。
    2. 通貨(Currency)
      山を含め、すべての領土につきVPを+1します。
    3. 酪農(Livestock Breeding)
      酪農(黄緑色)領土のVPを+1します。帝国の衰退とともに残るものも廃れるものもあります。
    4. 鉱山技術(Mining)
      鉱山を持つ領土(ピッケルアイコン)のVPを+2します。帝国の衰退とともに残るものも廃れるものもあります。
    5. 港湾技術(Port Building)
      港を持つ領土(錨アイコン)のVPを+1します。帝国の衰退とともに残るものも廃れるものもあります。
    6. 奴隷制度(Slavery)
      征服を行ったターンに、それを通して除去した敵または滅亡した中立の兵卒1個につきVPを+1します。衰退した帝国の兵卒にも適用されます。要塞には適用されません。
    7. スパイ(Espionage)
      1ターンに1回だけ、征服1回が兵卒2個のみで行えます。プレイヤー自身のものも含め、すべての修正は適用されません。
    8. 野戦将軍(Field General)
      帝国はターン初めに+7の兵卒駒を受け取れます。ただしターン終了時の再組織フェイズに、VPを計算する前に7個の兵卒駒を失います。将軍は征服には適していますが、防衛には向きません。.
    9. 要塞(Fortification)
      要塞は領土の防御力を高めます。ターンの終わりに、プレイヤーは自分の帝国の任意のどれかの領土に1個の要塞(茶駒)を置けます。その領土の征服に必要な兵卒は+1されます。要塞のある領土からの征服に必要な兵卒は-1されます。要塞は帝国が衰退しても残りますが、その領土が征服されたり放棄された場合には消えます。同じ領土内には1個の要塞しか置けません。山にも要塞を置くことができます。
    10. 義勇軍(Militia)
      この文明の領土を征服するに必要な兵卒は+1されます。
    11. 登山技術(Mountaineering)
      山領土(灰色)を征服するに必要な兵卒は-1されます。さらに山領土はVPが+1されます。
    12. 造船技術(Ship Building)
      同じ海の沿岸にある領土や、(天文学を備えたうえでか帝国誕生時に)海を渡っての領土征服に必要な兵卒は-1されます。
    13. 武器(Weapons)
      すべての征服に必要な兵卒は-1されます。
    14. 天文学(Astronomy)
      その帝国は海(濃い青)を越えての征服を行えます。海をまたいで接触している領土は、同一の帝国のものであると見なせます。帝国の衰退には影響されません。
    15. 蛮族(Barbarians)
      何も特典はありません。
    16. 外交(Diplomacy)
      ターンの開始時に、プレイヤーは対戦相手をひとり選びます。あなたとその対戦相手は、次のターンまでお互いを攻撃することもされることもできません。これはプレイヤーの現在の帝国にのみ適用され、衰退した帝国には適用されません。
    17. 遺産(Heritage)
      現在の帝国と、衰退している帝国1つを相互に隣接しているものとして扱えます。
    18. 薬学(Medicine)
      その帝国は、第1ターンを含む、ターンの頭に追加の兵卒1個を受け取れます。
    19. 伝令(Messages)
      その帝国は「結束」ルールを無視できます。
    20. 再誕(Rebirth)
      プレイヤーに対して、帝国の衰退をターン開始時にでなくVPを計算したうえでターン終了時に行わせることを可能にします。そのプレイヤーは次のターンの頭には新たな帝国を興すことができます。
    21. 革命(Revolutionaries)
      ゲーム盤の端以外の、任意の領土からゲームを開始することができます。
    22. 特殊化(Specialization)
      この帝国は同じ文明2つを持っているかのごとくにとして扱えます。すなわち残る1つの文明の修正値を2倍にします。さらに文明カウンタで赤数字で指定された数の兵卒を受け取る場合には、残る1つの文明カウンタに記された数字を2倍プラス1しただけの兵卒を受け取れます。


  1. 作者ノート
    (略)


  1. オプションルール
    1. ゲームの長さ
      プレイヤー間の合意があれば、勝利に必要なVPの値を増減させることもできます。
    2. 1人、ないし2人プレイ
      6面サイを1個用意します。


戻る


















































SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO