「Colonial Diplomacy」プレイレポート

1996.11.4作成
2001.6.5修正

筆者を含む7人で1995.3.24〜1996.4.7までプレイされたAvalon Hill社の「Colonial Diplomacy」の電子メールプレイの実際を述べるものです。
筆者は敗戦国の代表でもあるので言いたいことも色々あり(笑)、また「新聞」の類はSLG-MLにも随時流しましたが、とりあえずここでは集計プロットのみを掲載します。

担当プレイヤー


プレイヤーと担当国は以上の通りです。メールアドレスはとりあえず記しませんが、開始時と終了時で筆者の所属する会社が変わってます(笑)。
このための中断なども1年かかってしまった一因ではありますね。

露:近藤博次
土:きしもと
日:岡村@NTT
仏:福森@YHC
蘭:八木@早稲田大学
清:武田@東大原施
英:宮田


1870年


(自)1995.3.24
(至)1995.3.31

-----CUT HERE-----

(オランダ)
A BOR-SAR
F JAVA-JS
F SUM-AS

(トルコ)
A ANG-ARM
F CON-MED
F BAG-PG

(ロシア)
F ODE-RUM
A MOS-ORE
A OMSK-AKM
A VLA H
F P.ART H

(英国)
F ADEN-GOA
F BOM-RAJ
A DEL-LUC
F HK H
A MAD-HYD
F SIN-MAL

(フランス)
A COC-CAM
A TON-MAY
F ANN-SCS

(清)
A MAC H
A PEK-LAN
A SHA S A MAC
A SIK H
A CAN H

(日本)
F OTA-SOJ
F KYU-YS
F TOK-UP

-----CUT HERE-----

Battle Report:
なし

-----CUT HERE-----

補給都市 陸軍 海軍
露 5 3 2
英 6 2 4
仏 3 2 1
蘭 3 1 2
土 3 1 2
日 4 1 3
清 5 5 0


1872年

(自)1995.4.5
(至)1995.4.10

-----CUT HERE-----

(フランス)
A MAY-RAN
A CAM-BAN
F SCS S China CAN-HK

(トルコ)
A ARM-TAB
F MED-EGY
F PG-SHI

(ロシア)
F RUM H
A ORE-TAS
A AKM-KIR
A VLA-TSR-OMSK
F P.ART H

(日本)
F UP-FOR
F YS-ECS
A KYO-FUS
F SOJ C A KYO-FUS

(英国)
F GOA-WIO
F RAJ-KAR
A LUC-NEP
F HK H
A HYD-BEN
F MAL-SIN

(清)
A MAC H
A SHA S A MAC
A LAN-CHU
A SIK-KAG
A CAN-HK

(オランダ)
F AS-MAL
F JS S F AS-MAL
A SAR H

-----CUT HERE-----

Battle Report:
なし

-----CUT HERE-----

補給都市 陸軍 海軍
露 7 3 2 +2
英 7 2 4 +1
仏 5 2 1 +2
蘭 5 1 2 +2
土 6 1 2 +3
日 6 1 3 +2
清 8 5 0 +3

-----CUT HERE-----

(ロシア)
Build F VLA
Build A MOS

(フランス)
Build A TON
Build F ANN

(清)
Build A PEK
Build A SIK
Build A CAN

(トルコ)
Build A CON
Build A ANG
Build A BAG

(オランダ)
Build F BOR
Build F JAVA

(日本)
Build F KYO
Build F KYU

(英国)
Build F MAD
Build A DEL


1874年

(自)1995.4.17
(至)1995.4.20

-----CUT HERE-----

(ロシア)
F RUM-BS
A MOS-ORE
A TAS-AFG
A KIR H
A OMSK H
F VLA-OS
F P.ART H

(オランダ)
F JAVA - TS
F BOR - CS
A SAR - SIN
F JS C A SAR - SIN
F MAL S A SAR - SIN

(清)
A MAC H
A SHA-LAN
A CHU-SIK
A KAG-AFG
A HK-NAN
A SIK-URU
A PEK H
A CAN-YUN

(仏)
F SCS C China A HK-NAN
F ANN S SCS
A RAN-U.BUR
A TON-MAY
A BAN-N.SAM

(英国)
F WIO-GOA
A BEN-U.BUR
F KAR-PG
F SIN-H
A NEP-PUN
F MAD-GOM
A DEL-RAJ

(日本)
F SOJ - OS
F KYO - YS
F KYU - UP
F FOR - MP
F ECS -FOR
A FUS H

(トルコ)
F EGY-RS
F SHI S A TAB-PER
A TAB-PER
A BAG-ARA
A ANG-ARM
A CON-ANG

-----CUT HERE-----

Battle Report:

スタンドオフが以下のエリアで発生。
同エリアへの移動はいずれも行えず、元の位置にとどまった。

OS(露、日)
AFG(露、清)
U.BUR(仏、英)

シンガポール英国軍に対するオランダの攻撃は成功。
同エリアの英国軍は退路を失い消滅した。


1876年

(自)1995.4.26
(至)1995.5.9

-----CUT HERE-----

(ロシア)
F BS-ANG
A TAS-AFG
A ORE-BOK
A KIR-SEM
A OMSK-AKM
F VLA-OS
F P.ART H

(トルコ)
F SHI-PG
A PER S Russia A TAS-AFG
A ARM-BAG
A ANG-SYR
A ARA-ADEN
F RS S A ARA-ADEN

(オランダ)
F TS-NEW
F CS-DAV
F JS-SUN.S
F MAL-AS
A SIN H

(清)
A MAC H
A LAN H
A SIK-KAG
A KAG-AFG
A NAN-CHU
A URU S A SIK-KAG
A PEK H
A YUN-ASS

(仏)
A RAN-U.BUR
A MAY S A RAN-U.BUR
A N.SAM H
F SCS H
F ANN-GOS

(日)
A FUS-SEO
F YS S FUS-SEO
F UP-MP
F SOJ-OS
F MP-CEBU
F FOR-LS

(英)
F GOA-ADEN
A BEN-NEP
F PG-SHI
A PUN-KAM
F GOM-CEY
A RAJ-KAR

-----Battle Report-----

オホーツク海:(露:日=1:1)スタンドオフにつきVLA-OS/SOJ-OSの双方は不成立。
アデン:(土:英=2:1)土のARA-ADEN成功。
アフガニスタン:(露土:清=2:1)露のTAS-AFG成功。
カシュガル:(清:清=2:1)自己退却禁止ルールにつきSIK-KAGは不成立。KAGの清も動かず。

他の移動は、プロット通りに行われた。

-----RESULT-----

補給都市の数および前回からの増減は次の通り。

日:8(+2)
清:9(+1)
英:7
仏:7(+2)
蘭:8(+3)
土:7(+1)
露:8(+1)

-----CUT HERE-----

(露)
build A OMSK

(日)
build F OTA
build F KYU

(仏)
Build F TON
Build F ANN

(蘭)
Build F BOR
Build F JAVA
Build F SUM

(土)
Build A CON

(清)
Build A SHA


1878年

(自)1995.5.15
(至)1995.5.18

-----CUT HERE-----

(露)
F VLA-OS
F P.ART-YS
A OMSK-AKM
A AKM-TAS
A SEM-KIR
A BOK-AFG
A AFG-KAR
F ANG-MED

(土)
A ADEN-MEC
F RS-ADEN
F SHI-PG
A PER S Russia A AFG-KAR
A BAG H
A SYR-EGY
A CON H

(蘭)
F NEW - LP
F DAV H
F SUN.S - SUL.S
F AS H
A SIN H
F HF H(*1)
F JAVA - JS
F BOR - CS

*1:「F SUM H」のことと思われます。維持命令なので結果は同じですが。

(日)
A SEO H
F YS S A SEO H(*2)
F MP - LP
F LS - SUL.S
F CEBU S F LS - SUL.S
F OTA -OS
F SOJ S F OTA -OS
F KYU - ECS

*2:動かないユニットへのエリア支援なのでルールに従えば正しくは「F YS S SEO」です。もっとも意味は明らかに通じるのでこれでも構わないとは思います(この命令を無効にしてもしなくても今回は結果は同じですし^^)。

(仏)
A U.BUR H
A MAY-RAN
A N.SAM H
F GOS-MAL
F SCS H
F TON-ANN
F ANN-COC

(英)
F GOA-ARA
A NEP-PUN
F PG S KAR
A KAM-AFG
F CEY-WIO
A KAR-H
A DEL-RAJ

(清)
A MAC H
A LAN H
A SIK-TIB
A KAG S Britain A KAM-AFG
A CHU-SIK
A URU H
A PEK H
A ASS H
A SHA H

-----BATTLE REPORT-----

OS(露:日=1:2):日本のOTA-OS成功。ロシアのVLA-OS失敗。
YS(露:日=1:1):ロシアのP.ART-YS失敗。
LP(日:蘭=1:1)::日本のMP-LP失敗。オランダのNEW-LP失敗。
SUL.S(日:蘭=2:1):日本のLS-SUL.S成功。オランダのSUN.S-SUL.S失敗。
AFG(英清:露=2:1):英国のKAM-AFG成功。ロシアのBOK-AFG失敗。
PG(土:英=1:1):トルコのSHI-PG失敗。ただし英国PGのKAR支援を遮断。
KAR(露土:英=2:1):ロシアのAFG-KAR成功。KARの英国陸軍は退路を失い消滅。

他の移動は、プロット通りに行われた。


1880年

(自)1995.5.23
(至)1995.5.26

-----CUT HERE-----

(ロシア)
F VLA-OS
F P.ART-YS
A AKM-SEM
A KIR-URU
A TAS-KAG
A BOK S A KAR-AFG
A KAR-AFG
F MED-EGY


(トルコ)
A BAG-TAB
F SHI-PG
F ADEN-GOA
A MEC-ADEN
A EGY-SUD
A CON-ANG
A PER S Russia A KAR-AFG


(オランダ)
F NEW-LP
F SUN.S-SUL.S
F DAV-CEBU
F AS-EIO
A SIN H
F SUM-JS
F JS-SAR
F CS S F SUN.S-SUL.S


(日本)
A SEO H
F YS S china A MAC - P.ART
F SUL.S H
F MP - LP
F CEBU S F MP - LP
F OS - VLA
F SOJ S F OS - VLA
F ECS - FOR


(清)
A MAC-P.ART
A LAN-MON
A TIB S A KAG
A KAG S Britain A AFG
A SIK-URU
A URU-KRA
A PEK-MAC
A ASS H
A SHA-LAN


(仏)
F MAL-BAN(West)
F COC H
F ANN H
F SCS H
A U.BUR H
A RAN H
A N.SAM H


(英)
F WIO - ARA.S
F PG - KAR
F ARA - OMAN
A AFG S PG - KAR
A PUN S PG - KAR
A RAJ S PG - KAR

-----(BATTLE REPORT)-----
VLA(露:日=1:2)日OS-VLA成功。露VLA-OS失敗。VLAの露海軍は消滅。
P.ART(露:清日=1:2)清MAC-P.ART成功。露P.ART-YS失敗。VLAの露海軍は消滅。
CEBU(日:仏=1:1)仏のDAV-CEBU不成功。ただしCEBUの支援を遮断。
LP(日:仏=1:1)日のMP-LP、仏のNEW-LPはともに不成功。
SUL.S(日:仏=1:2)仏のCS-SUL.S成功。SUL.Sの日海軍は退却。
URU(露:清=1:1)露のKIR-URU、清のSIK-URUはともに不成功。
KAG(露:清=1:2)露のTAS-KAG不成功。
AFG(露土:英清=3:2)露のKAR-AFG成功。AFGの英陸軍は退却。

他の移動は、プロット通り行われた。

-----(RETREAT REPORT)-----

(日本)
Retreat F SUL.S-LS

(英)
Retreat A AFG-KAM

-----(MILITARY REPORT)-----

露:補給都市8から6へ(-2)、現有ユニット数6、軍備0
土:補給都市7から8へ(+1)、現有ユニット数7、軍備+1
蘭:補給都市8から8へ(0)、現有ユニット数8、軍備0
日:補給都市8から9へ(+1)、現有ユニット数8、軍備+1
清:補給都市9から11へ(+2)、現有ユニット数9、軍備+2
仏:補給都市7から7へ(0)、現有ユニット数7、軍備0
英:補給都市7から7へ(0)、現有ユニット数6、軍備+1

-----CUT HERE-----

(日本)
Build A KYU

(清)
Build A PEK
Build A CAN

(土)
Build F BAG

(英)
Build F MAD


1882年

(自)1995.6.29
(至)1995.7.4

近藤の退職による移行調整のため1月のブランク

-----CUT HERE-----

(ロシア)
A SEM-KRA
A KIR-AKM
A TAS-ORE
A AFG-TAS
A BOK S A AFG-TAS
F EGY-RS

(トルコ)
F BAG-PG
F PG-ARA.S
F GOA-WIO
A PER-KAR
A ADEN-MEC
A TAB-SHI
A SUD-EGY
A ANG-ARM

(日本)
A SEO H
A KYU H
F MP - LP
F CEBU S F MP - LP
F VLA - OS
F LS - SUL.S
F FOR - LS
F SOJ - YS
F YS - UP

(オランダ)
F NEW-LP
F SUL.S H
F DAV-CEBU
F EIO S Turky F GOA - WIO
A SIN-MAL
F JS-AS
F SAR S F SUL.S
F CS S F NEW-LP

(清)
A P.ART-MAC
A MON-KRA
A TIB S A KAG
A KAG S A SIK-URU
A SIK-URU
A KRA-OMSK
A MAC-IRK
A ASS H
A LAN-SIK
A CAN-CHU
A PEK-MON

(英)
A KAM S China A KAG
F MAD - WIO
F ARA.S S OMAN - PG
F KAR S OMAN - PG
F OMAN - PG
A PUN S KAR H
A RAJ S KAR H

(仏)
A U.BUR H
A N.SAM-CAM
A RAN-N.SAM
F BAN-RAN
F ANN S SCS
F SCS H
F COC H

-----BATTLE REPORT-----

KRA(露:清=1:1):ロシアのSEM-KRAと清のMON-KRAはともに失敗。
それに伴い清のPEK-MONも失敗。
KAR(土:英=1:3):トルコのPER-KAR失敗。ただしKARの支援を遮断。
PG(土:英=1:2):英国のOMAN-PG成功。トルコのPG-ARA.S失敗。
PGのトルコ海軍はARAへの退却(*)。
それに伴いトルコのBAG-PGも失敗。
WIO(土蘭:英=2:1):トルコのGOA-WIO成功。英国のMAD-WIO失敗。
SUL.S(日:蘭=1:2):日本のLS-SUL.S失敗。
それに伴い日本のFOR-LSも失敗。
CEBU(日:蘭=1:1):オランダのDAV-CEBU失敗。ただしCEBUの支援を遮断。
LP(日:蘭=1:2):オランダのNEW-LP成功。日本のMP-LP失敗。

他の移動は、プロット通り行われた。

-----

*正確にはPGのトルコ海軍には「ARAへの退却」でなく「消滅」の選択肢もあるが、最前線のペルシャ湾の海軍を消滅させることはまず考えられないためプレイ迅速化のためレフリーが判断のうえその旨を告知。トルコの異議申し立ても特になかった。


1884年

(自)1995.7.24
(至)1995.7.26

-----CUT HERE-----

(露)
A ORE-OMSK
A AKM S A ORE-OMSK
F RS-ADEN
A SEM S A TAS-KIR
A TAS-KIR
A BOK-TAS

(土)
A PER H
A SHI S A PER
A EGY-SYR
A MEC-ARA
A ARM-BAKU
F BAG S F ARA-PG
F ARA-PG
F WIO-ARA.S

(清)
A MAC-VLA
A MON-KRA
A TIB-KAG
A KAG-KIR
A URU-SEM
A OMSK-AKM
A IRK S A MON-KRA
A ASS-TIB
A SIK-URU
A CHU-SIK
A PEK-MON

(仏)
F SCS-ECS
F COC-ANN
F ANN-SCS
F RAN-BOB
A U.BUR H
A N.SAM H
A CAM H

(蘭)
F LP S F SUL.S-CEBU
F SUL.S-CEBU
F DAV S F SUL.S-CEBU
F EIO-CEY
A MAL H
F AS H
F SAR-SUL.S
F CS S F LP

(日)
A SEO H
A KYU H
F MP - LP
F CEBU - DAV
F OS - SAK
F LS - SUL.S
F FOR - LS
F YS - ECS
F UP H

(英)
A KAM - AFG
A PUN - S F KAR H
F KAR S F PG - PER
F PG - PER
F MAD H
F ARA.S C A RAJ - MYS
A RAJ - MYS

-----BATTLE REPORT-----

ECS(日:仏=1:1):日のYS-ECS、仏のSCS-ECSはともに失敗。
それに伴い仏のANN-SCSは失敗。
それに伴い仏のCOC-ANNは失敗。
LP(日:蘭=1:2):日のMP-LP失敗。ただしLPからの蘭のCEBU支援を遮断。
CEBU(日:蘭=1:2):蘭のSUL.S-CEBU成功。CEBUの日海軍はMNAに退却または消滅。
SUL.S(日:蘭=1:1):日のLS-SUL.S、蘭のSAR-SUL.Sはともに失敗。
それに伴い日のFOR-LSは失敗。
SEM(清:露=1:1):清のURU-SEM失敗。ただしSEMからの露のKIR支援を遮断。
それに伴い清のSIK-URUは失敗。
それに伴い清のCHU-SIKは失敗。
KIR(清:露=1:1):清のKAG-KIR、露のTAS-KIRはともに失敗。
それに伴い清のTIB-KAGは失敗。
それに伴い清のASS-TIBは失敗。
それに伴い露のBOK-KAGは失敗。
OMSK(清:露=1:2):露のORE-OMSKは成功。OMSKの清陸軍はPERMへの退却または消滅。
PER(土:英=2:2):英のPG-PERは失敗。
PG(土:英=2:1):土のARA-PGは成功。PGの英海軍はOMANへの退却または消滅。

他の移動は、プロット通りに行われた。

-----RETREAT REPORT-----

(日)
Retreat F CEBU-MNA
補給都市MNAを獲得

(清)
Retreat A OMSK-PERM

(英)
PG海軍を退却させず消滅

-----MILITARY REPORT-----

露:補給都市6から7へ(+1)、現有ユニット数6、軍備+1
土:補給都市8から7へ(-1)、現有ユニット数8、軍備-1
蘭:補給都市8から10へ(+2)、現有ユニット数8、軍備+2
日:補給都市9から9へ(0)、現有ユニット数9、軍備0
清:補給都市11から12へ(+1)、現有ユニット数11、軍備+1
仏:補給都市7から7へ(0)、現有ユニット数7、軍備0
英:補給都市7から6へ(0)、現有ユニット数7、軍備0

-----CUT HERE-----

(露)
Build A MOS

(土)
Disband A SYR

(蘭)
Build F BOR
Build F SUM

(清)
Retreat A OMSK-PERM
Build F CAN


1886年

(自)1995.8.14
(至)1995.8.16

-----CUT HERE-----

(露)
A OMSK-PERM
A MOS S A OMSK-PERM
A BOK-ORE
A AKM-OMSK
A SEM-KRA
A TAS S Turkey PER-AFG
F ADEN-GOA

(土)
A PER-AFG
A SHI-PER
F PG-ARAS.S
F WIO S F PG-ARAS.S
A ARA-OMAN
F BAG-PG
A BAKU-TAB

(仏)
A U.BUR H
A N.SAM-MAY
A CAM-N.SAM
F BOB S A U.BUR H
F SCS-LS
F ANN-SCS
F COC-ANN

(蘭)
F CEBU S France F SCS-LS
F DAV S F CEBU
F LP S F CEBU
A MAL H
F AS-GOM
F CEY S F AS-GOM
F CS-SUL.S
F SAR S F CS-SUL.S
F SUM-AS
F BOR-JS

(清)
A VLA-MAC
A KRA S A URU-SEM
A TIB S A KAG
A KAG S Britain A AFG-TAS
A URU-SEM
A PERM-ORE
A IRK S A KRA
A ASS H
A SIK-URU
A CHU-CAN
A MON S A KRA
F CAN-HK

(日)
A SEO H
A KYU H
F SAK-OS
F YS-ECS
F UP S YS-ECS
F MP H
F MNA S F MP
F LS H
F FOR S LS

(英)
A AFG-TAS
A PUN S KAR
F ARA.S S KAR
F KAR S AFG
F MAD - GOM
A MYS - MAD

-----BATTLE REPORT-----

ORE(露:清=1:1):露のBOK-ORE、清のPERM-OREはともに失敗。
PERM(露:清=2:1):露のOMSK-PERM成功。PERMの清陸軍は退路を失い消滅。
KRA(露:清=1:3):露のSEM-KRA失敗。
SEM(清:露=2:1):清のURU-SEM成功。SEMの露陸軍はAKMまたはKIRへの退却または消滅。
TAS(英清:露=2:1):英のAFG-TAS成功。TASの露陸軍はAKMまたはKIRへの退却または消滅。TASの露陸軍はAFG支援を行えない(*1)。
AFG(土露:英=1:0):土のPER-AFG成功(*2)。
ARA.S(土:英=2:1):土のPG-ARA.S成功。ARA.Sの英海軍はRAJまたはBOMへの退却または消滅。
LS(仏蘭:日=2:2):仏のSCS-LSは失敗。
それに伴い仏のANN-SCS失敗。
それに伴い仏のCOC-ANN失敗。
GOM(蘭:英=2:1):蘭のAS-GOMは成功。英のMAD-GOMは失敗。
それに伴い英のMYS-MAD失敗。

他の移動は、プロット通りに行われた。

*1:
敗北した軍隊は支援を行えない(6.252)。
*2:
英はAFG-TASの成功により、KARからの支援を行うべきTAS軍が存在しない。
それ以前に、仮にAFG-TASが失敗しても、エリアから出ていこうとする軍隊の支援を行うことはできない(6.233)のでKARからの支援命令は無効。

-----RETREAT REPORT-----

(露)
A SEM retreat KIR
A TAS retreat AKM

(英)
F ARA.S retreat RAJ


1888年

(自)1995.8.31
(至)1995.9.5

-----CUT HERE-----

(露)
A MOS-ORE
A PERM S A MOS-ORE
A AKM-TAS
A BOK S A AKM-TAS
A OMSK-KRA
A KIR-SEM
F GOA S ARA.S

(土)
A PER-KAR
F PG S A PER-KAR
A OMAN-RAJ
F ARA.S C A OMAN-RAJ
A AFG-KAG
A TAB-SHI
F WIO H

(日)
A SEO - VLA
A KYU H
F ECS - NAN
F UP - ECS
F OS - UP
F MP H
F LS S MP
F FOR S LS
F MNA S LS

(蘭)
F CEBU S F SUL.S-LS
F DAV S F CEBU
F LP-MP
A MAL H
F AS-GOM
F CEY S F AS-GOM
F SUL.S-LS
F SAR-SUN.S
F GOM-HYD
F JS-AS

(清)
A MAC-MON
A KRA S A SEM
A TIB-KAM
A KAG-KIR
A SEM S A KAG-KIR
A IRK S A KRA
A ASS H
A URU S A KAG-KIR
A CAN H
A MON-SIK
F HK S A CAN

(英)
A TAS - KAG
A PUN S KAR H
F RAJ S KAR H
F KAR H
F MAD H
A MYS - BOM

(仏)
F BOB-BEN
F SCS H
F COC-GOS
F ANN S SCS
A MAY S A N.SAM-TON
A N.SAM-TON
A U.BUR S F BOB-BEN

-----BATTLE REPORT-----

KRA(露:清=1:2):露のOMSK-KRA失敗。ただしSEMへの支援を遮断。
SEM(露:清=1:1):露のKIR-SEM失敗。
KIR(清:露=3:1):清のKAG-KIR成功。KIRの露陸軍はAKMへの退却または消滅。
KAG(英:土=1:1):英のTAS-KAG、土のAFG-KAGはともに失敗。
TAS(露:英=2:1):露のAKM-TAS成功。TASの英陸軍は退路を失い消滅。
KAR(土:英=2:2):土のPER-KAR失敗。
RAJ(土:英=1:1):土のOMAN-RAJ失敗。ただしKARへの支援を遮断。
LS(蘭:日=2:3):蘭のSUL.S-LSは失敗。ただしMPへの支援を遮断。
MP(蘭:日=1:2):蘭のSUL.S-LSは失敗。

他の移動は、プロット通りに行われた。

-----RETREAT REPORT-----

KIRの露陸軍はAKMへ退却しました。

-----MILITARY REPORT-----

この4年で支配が変わった補給都市は次の通りです。

KAM(英から清へ)
VLA(清から日へ)
BEN(英から仏へ)

従って、現在の勢力は次の通りです。

露:補給都市7から7へ(0)、現有ユニット数7、軍備0
土:補給都市7から7へ(0)、現有ユニット数7、軍備0
蘭:補給都市10から10へ(0)、現有ユニット数10、軍備0
日:補給都市9から10へ(+1)、現有ユニット数9、軍備+1
清:補給都市12から12へ(0)、現有ユニット数11、軍備+1
仏:補給都市7から8へ(+1)、現有ユニット数7、軍備+1
英:補給都市6から4へ(-2)、現有ユニット数5、軍備-1

-----CUT HERE-----

(仏)build A COC
(日)build F TOK
(清)Build A PEK
(英)disband F MAD


1890年

(自)1995.10.3
(至)1995.10.5

-----CUT HERE-----

(露)
F GOA S Turkey F ARA.S
A BOK S Turkey A AFG
A TAS-KIR
A AKM S A TAS-KIR
A OMSK S AKM
A ORE S AKM
A PERM-MOS

(土)
A OMAN-MYS
F ARA.S C A OMAN-MYS
F WIO S A OMAN-MYS
A SHI-KAR
F PG C A SHI-KAR
A PER S A SHI-KAR
A AFG S A SHI-KAR

(清)
A MON S A KRA
A KRA S A SEM
A PEK-LAN
A KAM S A URU-KAG
A KIR S A URU-KAG
A SEM S A KIR
A IRK-MAC
A ASS S A SIK-YUN
A URU-KAG
A CAN S A SIK-YUN
A SIK-YUN
F HK S Japan F ECS-SCS

(日)
A VLA - IRK
A KYU H
F NAN S F ECS - SCS
F FOR S F ECS - SCS
F LS S F ECS - SCS
F ECS - SCS
F MNA S LS
F MP S LS
F UP S MP
F TOK - KYO

(蘭)
F CEBU S F SUL.S-LS
F DAV S F CEBU
F LP-MP
A MAL H
F AS H
F CEY S F GOM
F SUL.S-LS
F SUN.S S France F SCS
F GOM S F CEY
F HYD H

(英)
A PUN S KAR H
F RAJ S KAR H
F KAR H
A BOM H

(仏)
F SCS-FOR
F ANN-SCS
F GOS H
F BEN H
A COC-CAM
A MAY H
A TON H
A U.BUR H

-----BATTLE REPORT-----

KIR(露:清=2:2):露のTAS-KIRは失敗。ただしKAGへの支援を遮断。
KAR(土:英=3:3):土のSHI-KARは失敗。
FOR(仏:日=1:1):仏のSCS-FORは失敗。
MP(蘭:日=1:2):蘭のLP-MPは失敗。ただしLSへの支援を遮断。
LS(蘭:日=2:2):蘭のSUL.S-LSは失敗。ただしSCSへの支援を遮断。
SCS(日清:仏=4:1):日のECS-SCS成功。仏のANN-SCS失敗。
SCSの仏海軍は退路を失い消滅(*)。

*:仏がSCSから出て行こうとしているため、蘭のSCSへの支援命令は無効。

他の移動は、プロット通りに行われた。


1892年

(自)1995.10.20
(至)1995.10.24

-----CUT HERE-----

(露)
A OMSK S AKM
A ORE S AKM
A TAS S AKM
A AKM S TAS
A BOK S TAS
A MOS H
F GOA-WIO

(清)
A MON-SIK
A KRA S A SEM
A LAN-CHU
A KAM-AFG
A KIR S A KAG
A SEM S A KIR
A MAC-MON
A ASS-U.BUR
A KAG S A KAM-AFG
A CAN S A YUN-MAY
A YUN-MAY
F HK S A CAN

(日)
A IRK S China A KRA
A KYU H
F NAN - SCS
F FOR S F NAN - SCS
F SCS - SUL.S
F LS S F SCS - SUL.S
F MNA - CEBU
F MP S F MNA - CEBU
F UP - ECS
F KYO - UP

(土)
A AFG-PUN
A SHI-KAR
F PG C A SHI-KAR
A PER S A SHI-KAR
F ARAS.S S A SHI-KAR
F WIO-MYS
A MYS-HYD

(蘭)
F CEBU S F LP-MP
F DAV S F CEBU
F LP-MP
A MAL H
F AS H
F CEY H
F SUL.S-LS
F SUN.S S France F GOS
F GOM-BOB
F HYD-MAD

(仏)
A MAY-YUN
A U.BUR S A MAY-YUN
A CAM-TON
A TON-MAY
F ANN S CAM-TON
F BEN S A U.BUR
F COC S ANN(*1)

*1:プロットエラー
仏海軍がGOSにいたという事実により無効命令になります。
従ってANNへの支援は行われず、海軍はGOSにとどまります。

(英)
A PUN S KAR H
F RAJ S KAR H
F KAR H
A BOM H

-----BATTLE REPORT-----

PUN(土:英=1:1):土のAFG-PUN失敗。
KAR(土:英=3:1):土のSHI-KAR成功。KARの英海軍は退路を失い消滅。
AFG(清:土=2:1):清のKAM-AFG成功。AFGの土陸軍は退路を失い消滅。
MP(蘭:日=1:1):蘭のLP-MPは失敗。ただしCEBUへの日支援を遮断。
CEBU(日:蘭=1:2):日のMNA-CEBUは失敗。ただしMPへの蘭支援を遮断。
LS(蘭:日=1:1):蘭のSUL.S-LSは失敗。
SUL.S(日:蘭=2:1):蘭のSCS-SUL.Sは成功。SUL.Sの蘭海軍はCSまたはSARへの退却または消滅。
U.BUR(清:仏=1:2):清のASS-U.BUR失敗。ただしYUNへの仏支援を遮断。
YUN(仏:清=1:1):仏のMAY-YUN失敗。
MAY(清:仏=2:1):仏のTON-MAY失敗。それに伴い仏のCAM-TON失敗。
清のYUN-MAY成功。MAYの仏陸軍はN.SAMまたはRANへの退却または消滅。

他の移動は、プロット通りに行われた。

-----RETREAT REPORT-----

(仏)
Retreat MAY-RAN

(蘭)
Retreat SUL.S-SAR

-----MILITARY REPORT-----

この4年で支配が変わった補給都市は次の通りです。

KAR(英から土へ)
MAD(英から蘭へ)
MAY(仏から清へ)

従って、現在の勢力は次の通りです。

露:補給都市7から7へ(0)、現有ユニット数7、軍備0
土:補給都市7から8へ(+1)、現有ユニット数6、軍備+2
蘭:補給都市10から11へ(+1)、現有ユニット数10、軍備+1
日:補給都市10から10へ(0)、現有ユニット数10、軍備0
清:補給都市12から13へ(+1)、現有ユニット数12、軍備+1
仏:補給都市8から7へ(-1)、現有ユニット数7、軍備0
英:補給都市4から2へ(-2)、現有ユニット数3、軍備-1

-----CUT HERE-----

(土)
Build A ANG
Build A BAG

(蘭)
Build A SUM

(清)
Build A PEK


(英)
Disband A BOM


1894年

(自)1995.11.14
(至)1995.11.21

-----CUT HERE-----

(露)
A OMSK S AKM
A ORE S TAS
A AKM S TAS
A TAS S A BOK-AFG
A BOK-AFG
A MOS-PERM
F WIO-SIO

(土)
A PER S Russia A BOK-AFG
A KAR S Russia A BOK-AFG
A ANS-SYR(*1)
A BAG-ARA
F PG S KAR
F ARA.S S KAR
F MYS-BOM
A HYD-LUC

*1:プロットエラー
正しくはANG。よってA ANG Hに変更。

(蘭)
F CEBU S F SAR-SUL.S
F DAV-CS
F LP S DAV-CS
A MAL S A SUM-BAN
F AS C A SUM-BAN
F CEY-EIO
F SAR-SUL.S
F SUN.S S F SAR-SUL.S
F BOB-RAN
F MAD-GOM
A SUM-BAN

(英)
A PUN S RAJ-KAR
F RAJ - KAR

(日)
A IRK S china A KRA
A KYU H
F MP - CEBU
F LS S F MP - CEBU
F MNA S F MP - CEBU
F UP - MP
F FOR S UP - MP
F SCS - SUN.S
F ECS - SCS
F SUL.S - CS

(仏)
F BEN S A U.BUR
F ANN-GOS
F GOS-MAL
A RAN S A CAM-BAN
A TON-N.SAM
A CAM-BAN
A U.BUR S F BEN

(清)
A SIK-TIB
A KRA S A SEM-AKM
A CHU-YUN
A AFG S Britain A RAJ-KAR
A KIR S A SEM-AKM
A SEM-AKM
A MON-URU
A ASS S France F BEN
A KAG-TAS
A CAN S A MAY
A MAY S France A RAN
A PEK-LAN
F HK S Japan F SCS

-----BATTLE REPORT-----

AKM(露:清=2:3):清のSEM-AKM成功。AKMの露陸軍は退路を失い消滅(AKMへの支援不可)。
TAS(露:清=2:1):清のKAG-TAS失敗。ただしAFGへの支援を遮断。
AFG(露土:清=2:1):露のBOK-AFG成功。AFGの清陸軍はKAMへの退却または消滅(KARへの支援不可)。
KAR(土:英清=3:2):英のRAJ-KAR失敗。ただしAFGへの支援を遮断。
RAN(蘭:仏清=1:2):蘭のBOB-RAN失敗。ただしBANへの支援を遮断。
MAL(蘭:仏=1:1):仏のGOS-MAL失敗。ただしBANへの支援を遮断。
それに伴い仏のANN-GOS失敗。
BAN(蘭:仏=1:1):蘭のSUM-BAN失敗。仏のCAM-BAN失敗。
SUN.S(日:蘭=1:1):日のSCS-SUN.S失敗。ただしSUL.Sへの支援を遮断。
それに伴い日のECS-SCS失敗。
CS(日:蘭=1:2):蘭のDAV-CS成功。日のSUL.S-CS失敗。
CEBU(日:蘭=3:1):日のMP-CEBU成功。CEBUの蘭海軍はDAVへの退却または消滅(SUL.Sへの支援不可)。
SUL.S(日:蘭=1:1):蘭のSAR-SUL.S失敗。

他の移動は、プロット通りに行われた。

-----RETREAT REPORT-----

(清)
Retreat A AFG-KAM

(蘭)
Retreat F CEBU-DAV


1896年(終了)

(自)1995.12.25
(至)1995.12.27

-----CUT HERE-----

(露)
A PERM S OMSK
A ORE-AKM
A OMSK S A ORE-AKM
A TAS S A ORE-AKM
A AFG-KAG
F SIO-TS

(土)
A PER-AFG
A KAR S A PER-AFG
F PG S KAR
A ARA-RAJ
F ARA.S C A ARA-RAJ
F BOM S A ARA-RAJ
A LUC-DEL
A ANG-SYR

(仏)
F BEN-HYD
F GOS-MAL
F ANN-GOS
A RAN S A N.SAM-BAN
A N.SAM-BAN
A CAM S A N.SAM-BAN
A U.BUR S China A Ass-BEN

(英)
A PUN S RAJ
F RAJ S PUN(※)

※この命令は「移動できない場所への支援」に相当し無効(6.234)

(蘭)
F SUN.S-SUL.S
F SAR S F SUN.S-SUL.S
F LP S DAV
F DAV S LP
F CS S DAV
F AS-BAN
A MAL S F AS-BAN,
A SUM-HYD
F EIO C A SUM-HYD
F BOB S SUM-HYD
F GOM C A SUM-HYD

(清)
A TIB S A ASS-BEN
A KRA-OMSK
A YUN-ASS
A KAM-AFG
A KIR S A KAG-TAS
A AKM-ORE
A URU-KAG
A ASS-BEN
A KAG-TAS
A CAN H
A MAY S France A RAN
A LAN-MON
F HK S Japan F SCS

(日)
A IRK -KRA
A KYU H
F CEBU - LP
F MP S CEBU - LP
F LS - CEBU
F MNA S LS - CEBU
F SUL.S - DAV
F SCS - SUN.S
F ECS - SCS
F FOR - LS

-----BATTLE REPORT-----

OMSK(清:露=1:2):清のKRA-OMSK失敗。ただしAKMへの支援を遮断。
AKM(露:清=1:1):露のORE-AKM失敗。
ORE(清:露=1:1):露のORE-AKM失敗。
TAS(清:露=2:1):清のKAG-TAS成功。TASの露陸軍はBOKへの退却または消滅(AKMへの支援不可)。
KAG(露:清=1:1):露のAFG-KAG失敗。清のURU-KAG失敗。
AFG(土:清:露=2:1:1):土のPER-AFG成功。清のKAM-AFG失敗。AFGの露陸軍はBOKへの退却または消滅。
KRA(日:清=1:1):日のIRK-KRA失敗。
RAJ(土:英=2:2):土のARA-PUN失敗。
HYD(蘭:仏=2:1):蘭のSUM-HYD成功。仏のBEN-HYD失敗。
BEN(清:仏=2+:1):清のASS-BEN成功。BENの仏海軍は退路を失い消滅。
BAN(仏:蘭=3:1):仏のN.SAM-BAN成功。蘭のAS-BAN失敗。
MAL(蘭:仏=1:1):蘭のGOS-MAL失敗。ただしBANへの支援を遮断。
それに伴い仏のANN-GOS失敗。
SUL.S(蘭:日=2:1):蘭のSUN.S-SUL.S成功。SUL.Sの日海軍は退路を失い消滅。
DAV(日:蘭=1:2):日のSUL.S-DAV失敗。ただしLPへの支援を遮断。
LP(日:蘭=2:1):日のDAV-LP成功。LPの蘭海軍はNEWへの退却または消滅。

-----MOVE REPORT-----
各国の次の移動は他国に妨げられず、予定通り行われた。

(露)
F SIO-TS

(土)
A LUC-DEL
A ANG-SYR

(清)
A YUN-ASS
A LAN-MON

(日)
F LS - CEBU
F SCS - SUN.S
F ECS - SCS
F FOR - LS

-----RETREAT REPORT-----

(露)
Retreat A TAS-BOK
Disband A AFG-BOK

(蘭)
Retreat F LP-NEW

-----MILITARY REPORT-----

この4年で支配が変わった補給都市は次の通りです。

TAS(露から清へ)
BOM(英から土へ)
DEL(英から土へ)
BEN(仏から清へ)
CEBU(蘭から日へ)

従って、現在の勢力は次の通りです。

露:補給都市7から6へ(-1)、現有ユニット数6、軍備0
土:補給都市8から10へ(+2)、現有ユニット数8、軍備+2
蘭:補給都市11から10へ(-1)、現有ユニット数11、軍備-1
日:補給都市10から11へ(+1)、現有ユニット数9、軍備+2
清:補給都市13から15へ(+2)、現有ユニット数13、軍備+2
仏:補給都市7から6へ(-1)、現有ユニット数6、軍備0
英:補給都市2から0へ(-2)、現有ユニット数2、軍備-2

-----CUT HERE-----

ゲーム終了:

英国の消滅によるプレイヤー離脱、
清のゆるがぬ勝利、
レフリーである近藤の客先常駐モード突入、
武田氏の卒論やスキー(笑)

などが重なったために目立ってメイルの連絡も滞りがちでプレイに勢いが失われたので、提案と合意によってルール4.2付則「プレイヤーの合意により勝利条件達成前にゲームを終了できる。その場合、最も多くの補給都市を持つプレイヤーが勝利」を適用して終了(1996.4.1)。



戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO