WhetStoneデッキ

〜それじゃあ、全員20枚ライブラリから墓場に落としてね〜

1999.5.11作成
2001.4.22修正

レシピ:

Mountain*5
Urza's Tower*4
Urza's Mine*4
Urza's Power Plant*4
Worn Powerstone*4
Mana Flare*4

Goblin Welder*4
Wall of Junk*4
Shivan Phoenix*3
Chimeric Staff*4

Whetstone*4
Howling Mine*4
Winter Orb*4
Jester's Cap*4
Feldon's Cane*2
Null Broach*2


概要:

基本コンセプトはAntiquitiesに起源を持つ"HowlingMine-MillStone"デッキと呼ばれる古いライブラリ破壊デッキ。とはいえMillStoneをデッキに入れている人間を見たことなどついぞなかったのだが。
しかしUrza's Sagaのカードを眺めていて「WhetStone」が目に入ったため、「このカードを生かすならこういうデッキだよなあ」と思いつつ作ってみる。仲間うちで試してみた所「20枚ライブラリ流し」を炸裂させることができたため、本格的に調整することにする。その後もかなり善戦できることが分かり「Winter Orb」を入れたことで一応の完成を見た。

しかし第6版のリリースで半分ものカードがタイプIIから落ち、ことにUrza土地が抜けた穴を到底埋められそうになかったので解散。

運用方法:

まずは、とにかく可能な限り早くWinter Orbを出す(第2ターンで出せることがベスト)。これで相手の手を封じる。
あとは毎ターン土地を張っていき、Urza土地が揃うのを期待する。
Worn Powerstoneが出せれば格段にマナ優位に立てるし、その上でWall of Junkを張ればたいていのクリーチャーアタックを封じることもできるだろう。
加えてUrza土地が揃えば何も言うことはない。
このロック状態で自分が優位に立てている限りMana Flareは出さない方がいい。
Howling Mineは出せるならば常に出して良い。ゲームを通して除去する必要も全くない。
キーであるWhetstoneも1枚出しておいて良く(これを破壊できる相手ならばまずWinter Orbを狙うだろう)、それで少々ライブラリから墓場にアーティファクトを落としておくとGoblin Welderを回すうえで都合が良い。
Null Broachは可能な限り早く出しておいて良い。
Goblin Welderを出し、かつ1ターン経過してタップ可能になったならば「相手のターンエンドに墓場のアーティファクト1個とWinter Orbを交換し、自分のターンにまたWinter Orbを場に戻す」という世にも卑怯な技(笑)が2ターンに1回使える。またGoblin Welderは相手の都合の悪いアーティファクト除去にもしばしば使えることは言うまでもない(もっとも普通の相手ならばGoblin Welderは出るなり真っ先に除去しようとする筈なので、仮に相手が有効なクリーチャー除去手段を持たないならば、実はその時点でほぼ勝ちは確定ではある)。
いずれにせよこちらのアンタップ時にWinter Orbが解除されていれば、あとはありったけのマナを注ぎ込んでWhetStoneを回せば勝てる。この時点ではMana Flareも出しておけば「20枚捨て」も達成できるだろう。
Feldon' Caneは(Howling MineやJester's Capが普通に回っていれば)出さなくても勝てるが、相手が何らかの墓場リサイクル手段を持っている可能性もあるので、勝利を確実にするためにこちらのライブラリが切れる寸前に1回使う。こんなのわざわざ除去しようとする相手はあまりいない筈なので、序盤から1マナ余ったら出しておいても良い。万一破壊されてもGoblin Welderで場に戻せるし。

仮にWinter Orbが出ないか、出ても的確に除去されてしまった場合には、開き直ってMana Flareを出し、どんどんマナを使いまくって怒濤の展開をしても良い(ただしそれだと殴りデッキや焼きデッキにはやはり苦戦する)。この場合にはChimeric StaffやJester's Capがとりわけ役に立つ筈である。特にJestre's CapをGoblin Welderで回すと、ざくざく3枚ずつカードをリムーブできる。
Shivan Phoenixは常に優秀な壁であるが、状況に応じて攻撃に使っても良い。

苦手な相手:

ウィニーと土地破壊。特にこちらがWinter Orbを出せないままに土地事故を起こしたりすると、ものの数ターンで極めて悲惨な負け方をする事も珍しくない。
中盤以降の土地破壊系のカードは、極力Null Broachでカウンターする。手札を墓場に落とすのは躊躇しないこと。
天敵と言えるカードは「Viashino Heretic」。こちらがクリーチャー除去手段を持たず、クリーチャー呪文はNull Broachでカウンターできない以上、これが場に出てしまえば毎ターンアーティファクトを除去されてしまいダメージも受けるのでまず勝てない。唯一の対抗手段は、相手が赤を使うならば早めにJester's Capを少々無理してでも使ってライブラリからこれを除去することである。

得意な相手:

ロック系全般。通常ロック系のデッキは全員に制限がかかるので、(特に3人以上での対戦の場合は)自分よりも他のプレイヤーの速度を落とすことに大きく貢献する。
壁とGoblin Welderは補助で使うものの、クリーチャーで殴ることを特に意図していないのでクリーチャーロック系や「Wrath of Gods」には致命的な痛手は受けない(Chimeric Staffは通常は生き残ることを考えても、かえって有利になる)。
呪文ロック系は少々デッキが遅くなるものの、主力であるWhetStoneは一度出てしまえば後はマナだけで良いのでやはり致命的な痛手は受けない。



戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO