モグの質屋デッキ

〜寝かせて7点パンチ〜

2001.3.18作成
2001.4.22修正

レシピ:

Mountain*24

Shrieking Mogg*4
Moggcatcher*4
Battle Rampart*4
Lithophage*4
Crag Saurian*4
Fickle Efreet*4
Flowstone Overseer*4

Meekstone*4
Rishardan Pawnshop*4


概要:

基本コンセプトはNemesisで登場したShrinking Mogg+Moggcatcherのコンボで、相手のアップキープにモグを呼んで一切の攻撃を封じる、というものである。
さらにモグは質屋で再利用するというもの。
質屋とキャッチャーの5マナが毎ターン使えるようになれば、2人戦ではかなり有効なクリーチャーアタックロックをかけることのできるデッキである。もっとも基本は4人戦である我々のプレイでは、なかなかそうでもなかったのであるが。
さらに質屋事故&破壊対策としてMeekstoneを配備。これにより攻撃クリーチャーはMeekstoneを前提として構成してある。
たとえば1回殴った後であれば反撃を受けて相手に奪われても寝たままになるCrag Saurian、攻撃後にコインフリップで負けて奪われてもやはり構わないFickle Efreet、1回殴った後は寝ていてもクリーチャー除去能力は普通に使えるFlowstone Overseerなどである。さらに速攻加速としてBattle Rampartを配備。
さらにこのデッキは赤単であり山をかなり多めに入れているためLithophageの維持も余裕で行うことができる(Meekstoneがない場合には)のも特徴である。Meekstoneが出ていても1回殴って生贄にするだけでも5マナ7点ならば十分であり、このため「7点ソーサリー」などと言われたものである。また土地破壊に対する耐性もかなりある。

しかし何しろ赤単というInvasionブロックの多色傾向とは相反するコンセプトのデッキであり、実際にInvasion・Planeshiftではほぼ有効なカードが入らなかったうえ、おまけに橋本君もShrinking Mogg+Meekstoneのデッキを投入し始めたので解散。

運用方法:

Meekstoneおよび質屋の1枚は可能な限り早く出す。Moggcatcherも出す。Battle Rampartも出す。
とりわけBattle Rampartが出た後ならば、他のクリーチャーはガンガン速攻で殴りに行くこと。あとは運用次第。



戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO