克・亜樹関連のリンク

2000.7.17作成
2001.4.22修正

克・亜樹関連のリンクです。作成者から連絡があったもの、私が勝手に検索エンジンで探したものなどさまざまです。
単なる個人の買い物リストや蔵書リストの類(かなり多い)は無視していますが、ちょっとでもメッセージ性を含んでいるものは原則として発見し次第収録しています。
なお、基本的には無断リンクですので悪しからず。「俺のページに勝手にリンクを張りやがってこの野郎!」とかお怒りの方がいらっしゃるようでしたら、あらかじめ謝っておきます(笑)。


ファンページなど:

DIEさんのページ。「符法師マンダラ伝カラス」のファンページ「カラスの小部屋」があります。「符法師マンダラ伝カラス」は10年前に同人でブレイクしたこともあって、熱心な女性ファンがいまも第2部を待ち望んでいる通りです。


感想ページなど:

克・亜樹のページ
Gooで検索するとウチより先にヒットしました(笑)。ウチにもリンクが張ってありました(もちろんOKです)。ただ、ウチの売りは別に会誌紹介じゃないですよ〜。

ぱる☆ミ所有の成年コミック一覧:克・亜樹
成年コミックとしての克・亜樹単行本チェックをやっています。

ボンドさんの「あれやこれや」1999/12/29
「ふたりエッチの優良さんが千鶴そっくり」という感想がある。うーむ、私ももちろん痕はプレイしているけど・・・世の中には色々な見方をする人がいるものだ。

深澤ポン太さんの「今週のあの漫画(第15回 はっぴい直前)」
「はっぴい」について書いたページ。これは珍しい(笑)。

Kazelさんの「漫画のページ」
このひとは嗜好が私と似ているみたいだし日記も書いているので巡回リストに入れることにしました(笑)。ちなみに、煌羅万象2巻は3話ですが、連載で言うと4ヶ月分が収録されています。

瀬名みはるさんのページ
熱く語りが入っています。

ぜるさんの私のお薦め
推薦してます。

松原隔離病棟のザップンぽっぷ〜ダメ漫画〜
克・亜樹老師・・・ちょっと笑いました。

「風」さんの克・亜樹テレカ
テレカコレクション。

まさよしさんのぐーたらたら日記4/29
カップルにも読まれている「ふたりエッチ」

漫画家・瀬口たかひろさんの午後煮の館(98/2/15)
克・亜樹の従兄弟が理髪店の主人をやっているというのは本当なのだろうか。

かんさんの虚空日記の1999年11月
11/30の「ふたりエッチ」9巻の感想は爆笑。

花凛さんのDiary(1999/6/27)
マガジンZ創刊号の感想。

GOLDRINGさんの燃えるマンガども
漢ですね。珍しくザウロスナイトの感想なども。

underless-dialy-1998/10/21-31
10/30に「ふたりエッチ」5巻の感想。

阿東さんの「森のさかな屋」DIARY PAGE 10/1-10/10
10/5。おお、女性(らしい)による日記だ珍しい・・・と思ったらやはり「ふたりエッチ」の感想ではなくて「プリンセス」の感想だった(爆笑)。

万屋RIOさんのコミックステーション
単行本が出るつど、短く言及しています。まめな人みたいですね。日記でもアニマルの話が出てきます。文月晃のファンみたいだし。

タカろっと!と有の愛の交換日記
98/11/15。古代尊耶さんというのが克・亜樹のアシをしているということなのだけど、ゴメン、私このひと知らないや。

いのりんさんののその他の辞書
酔狂にも「ふたりエッチ」の項目あり。

kobさんのゴミ箱
3/25。この人は日記猿人のカウントアップが嬉しいようなので、見たら押してあげましょう(笑)。

アミューズメントメディア総合学院 克・亜樹先生特別講義(2000/5/30)
こんなこともやってました。こちらのページでは、卒業生の何人かが克・亜樹のアシをやっていることも発見。こっちのページでは克・亜樹の自画像・コメントなどもあります。
ちなみに克・亜樹を克亜樹と表記するのはどうかと思うぞ。

シロエさんの趣味のテレカの「克・亜樹」
こっちにも克・亜樹トレカのコレクターがひとり。

日本詩人愛唱歌集
想像もしていなかった所が引っ掛かりました。林あまり「歌集ふたりエッチ」からの流れなんですが、「ふたりエッチ」を女声合唱団で開演するとかいうのは凄い企画です。実現したらまたニュースにしましょう。

漫画喫茶経営者支援サイト メディア導入作戦
視点が読者でなくバイヤーなのがすごく変なので思わずリンク。

夢庵あむさんの日記(2000/7/4)
プロの美少女漫画家だが、参考に買ったらとりあえずはまったらしい。

まどかちゃんのテレカファイル
この人もコレクターです。

地平線騒ぎのマンガは買って読め
語ってます。

Yahooオークション:ヤングアニマル車内吊り
儲けをあてこんで9個仕入れたけどだれも手を出さなかったという割とへっぽこな状況が明らかに。ま、単純に言って三千円は高いよね。私だって持ってないから千円位までなら手を出しても良かったんだけど。


克・亜樹のページに戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO