#01 流星のごとく…

2006.4.9作成
2006.5.20修正

オープニング

なぜかXBOXのロゴから始まる不吉なオープニングが、この後の30分間を暗示しているかのようです。

実は監督さんのお名前をあまり存じ上げないのですが、とりあえず河森とか出渕とかが暴走してませんかね、これ。

艦隊戦

つかみの冒頭シーン。最初この「半透明な四角形」が何だか分からなかったのですが、これはどうやら整列している無数の艦隊の方形陣を表現しているみたいです。うわぁかっこいい(笑)。どう見てもこの浮遊する島に収容できない数が展開されていますですよ。

ぼくらがアニメをCGで作ることを知らない20年前の人間だったら、ここはあるいは感動したのかも。

でも正直、スターシップ・トゥルーパーズでもスターウォーズEP1-3でもいいんですが、こういう「CGによる無数の軍隊」を表現する場合には、いかに細かい所をちょっとずつ変えるかが腕の見せ所だとも思うわけで、まして等間隔に整然と並んでいる単なるコピペではむしろ手抜きにしか見えないのですが…。

それを支える人力テクノロジー

で、その直後の衝撃のシーン。宇宙での艦隊戦で火薬の実体弾を使用することの是非はともかく、主砲の砲弾を人力による手込めに頼っているようでは、そりゃ戦争にも負けるのでは…

相手も同水準とも思われるのが何ですが。

なんか勝ったほうが帝国を宣言

負けたほうの偉いひと。ケッ、若い女を2人もはべらせやがって。

勝ったほうの副官。

降伏の意思表示には白旗ではなく花火。当然のごとく重力に従って落下します。

勝ったほうのひとが帝政を宣言。ラスボスになるんですかね、やっぱ。

別の王国では結婚式

なんか政略結婚式。しずしずとお姫様が台座に乗って運ばれてきますが、その台座を動かしているのはまたしても人力

カリオストロの城

司教様が結婚式を取り仕切り、両家の金と銀の指輪キーをとある機械に差し込むと、なんか機械が動いて2つの島が「合体」します。これが本作の設定のキモである「領土艦」のことらしい。

両家の結びつきをお祝いする貴族様たち。全体を貫く、この時代の素晴らしいファッションセンス炸裂のシーン。

しかしその島を移動させる動力源ももちろん人力。言うまでもなく怠ける奴には鞭打ちが待っています。

司教のセリフ↓
これより、古のならわしに従い、婚姻の儀を執り行う(中略)異議無きか?異議無きときは沈黙をもってこたえよ。では、口寄せの儀を…

ここで新郎・新婦は沈黙。しかし…。

異議あり!

…と言ったのは当の司教自身。それから長々と王制批判をはじめる司教の演説。ざわめく民衆。

そして「ぶわっ」とばかりに衣装を脱ぎ捨てた司教の中の人は…「人民軍、ミシェル・ボルバンであるっ!」。さらに驚く民衆。

えーと、ここは笑うところですか?

革命じゃ!王制を打倒するのじゃ!

やぁやぁ我こそは…と革命の狼煙を上げるミシェルに呼応して、隠れていた人民軍が一斉に蜂起。続くミシェルの演説。当然、誰も遠くからミシェルを撃つ奴はいません。

衛士たちよ、暴徒を鎮圧せよ!とばかりに重装兵がずらりと幕をあげて登場! でもその武器は(隊長は矛)だ! レーザー槍とかそういうエスエフ兵器とかでなく、ホントにただの槍だ。

王制の危機であろうが何だろうが銃火器なんて使わないぞ! 騎士道精神にそぐわないからな!(かどうかは知らない)

無邪気に王制打倒の革命を応援する愚民民衆たち。こういう単純な人たちが2ちゃんねるで見たサイトを一斉に荒らして潰したりするんじゃないでしょうか。

ボウガンを射っている衛士が福岡名物・にわかお面を装用しているのはかなりどうかと思いました。

ちなみにこいつ、どう見ても当たっていないこのオバサンパンチで倒れています。

ここでやっとAパート終了。早くもおなかいっぱいです。

あっさり革命成功!…と思いきや、それは帝国の罠だった。

この地方王国を奪って、ここを拠点に帝国に対抗すべく黄巾の乱を開始…という展開かと思いきや、いきなりピンチになるミシェル。さっき調子に乗ってミシェルに喝采した市民を待つ運命が心配です。

カットは帝国軍の砲撃を受けて炎上する東京ビッグサイト。

男性視聴者サービス担当、ミシェルの執事の孫・シルア。なぜか月姫のコスをしています。

ミシェル艦、発進せよ!

花火がぽんぽん上がる中を馬車を走らせて町はずれのガラスの建物に到着したミシェルが「我が艦」を発進させるシーン。建物全体がこなごなに飛散して、そこからミシェルの戦艦が!

正直、絵的にかなりかっこいいシーンであることは別に否定しないのですが、これってミシェルがここに戦艦を横付けにしてからその外側を覆うようにまるまるガラスの建物を造ったのだろうかとか、反体制側の人間の癖にそれを当局に内緒で行えたのだろうかとか考え始めてしまうと、気が狂いそうになってきます。

なんかすぐ発進したみたいなんですが、執事爺娘ほか革命軍のみんなは無事ピックアップできたの?

ミシェル包囲戦

当然のように宇宙空間でも「上」にたなびく煙。みんなで「宇宙戦艦ヤマト」をいじっていた頃の銀河海面という30年前のネタを思い出しました。もう21世紀なのに。

暗号

実は今回の筆者の一番のツボなシーン。ミシェルからの通信が紙テープの穿孔通信によって伝達。しかもこの担当者、これを機械に通さずそのまま解読してます。すごい特殊技能です。

筆者が最後にこういう描写を見たのは「ウルトラセブン」以来でしょうか。これも30年前の世界ですね。

危うし、ミシェル

敵の狙いはミシェル1人であり、しかもなぜか生け捕りにせよとの上からの厳命(なにかの伏線?)。

このためオバサン他の武装蜂起市民の戦闘艦は逃げるにまかせ、ミシェル艦だけを全軍で追う帝国軍。他の艦にミシェルが紛れて落ち延びるかも…という可能性は考えもしなかった模様。こりゃ、帝国軍も長くないかもです。

そして包囲される僕らのミシェル。このまま囚われの身になってしまうのか。危うし、僕らのミシェル!
ちなみに上下にはなぜか逃げられないぞ!

いや、待て。これは孔明ミシェルの罠だっ! 

突如、もの凄いスピードで接近してきた巨大竜巻(ちなみに公式サイトの設定によれば、これは「銀のブレスレット」とかいう今週のキーワードになるものだそうな)。

この竜巻で、一瞬のうちに敵艦隊に甚大な被害が!

しかしミシェル艦もまったく無事というわけではなく、やがてでかい巨大岩が一個ミシェル艦を直撃します。でも敵艦のようにまっぷたつになるわけでも大破するわけでもなく、ぴゅーっともの凄い勢いであさっての方に飛んでいっただけなんですけどね。よっぽど船体強度に比して質量が軽いみたいですミシェル艦。

しかし艦長なんだから、目の前に巨大岩が迫ってきて回避不能であることが分かったら、せめて「全員、何かに掴まれ!」とくらい言ってくださいミシェル。おねがい。

ていうか乗員にはシートベルト着用ぐらいさせてやってください。おねがい。

僕らのシルアたんがどっかに打ち付けて頭パックりにでもなったらどうするつもりなんですか!

投降するミシェル

しかし結局のところ、奇跡的に人的被害は出なかったらしいものの、ミシェル艦は損傷して戦闘不能になり、ミシェルは他の乗員の安全のため悲壮な覚悟で投降を決意します。例によって花火がぽんぽん上がる中、単身で敵艦に捕縛されんとするミシェル。

しかし何をどう見ても宇宙服の類を着てませんミシェル。やはりこの作品世界の「宇宙」が呼吸可能な空気に満ちているのは、もはや誤解の余地はまったくないようです。どういう設定なんだろう…。

つづく!

そこに颯爽とかけつけるイケメンくん。ミシェルのモノローグからすれば、まだミシェルとは面識はなく、これから因縁を持つことになるようです。たぶん宇宙海賊なのではないでしょうか。

はっきり言って、私はものすごく来週が楽しみです。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO