「下級生」サターン版での変更点

1997.4.26作成
2001.6.18修正

現在までに判明している、サターン版「下級生」のPC版からの変更点です。


ブルセラマンがいません


A:
救済キャラのブルセラマンは、サターン版で「おまかせおじさん」に変更されています。
買い取り価格なども同じで、所持金が3万円以上だと登場しないのも同じです。
場所はズバリ、ブルセラショップの前なので、遭遇が随分楽です。営業時間内に出たり入ったりしつつたまに買い物をすれば金は稼げるでしょう。


ウィークディが飛びます


A:
下級生のウィークディは、たまに娘がおねだりをしてくるのと、先週までのプレイヤーの見たイベントへの第三者によるフォローが入る以外は、全く意味のないルーチンです。
PC版ではとにかく毎日これを実行していたのですが、サターン版では発生キャラがなくなるとすぐ土曜日にとんでくれます。ま、良いことでしょう。


喋ります


A:
とりあえず、女性はそこそこに台詞を喋ります。
隠すほどのことはないと思いますが、声優名は公開されていません。
無名の若手を起用しているのかもしれません。
声優名をご存じの方は是非ご一報下さい。判明次第キャラの項目に載せます。


乳首が出ません。詐欺です。お金を返して下さい。


A:
もっと大人になりなさい。


戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO